ライスビギンのUVプロテクトエッセンス


ライスビギンの

『UVプロテクトエッセンス』は

定価4、500円(税抜)


紫外線から肌を守るだけでなく、乾燥による小じわを目立たなくする効果もあります!

この効果は効能評価試験で合格済みです!

さらに、化粧下地としても使えるので塗り忘れもありません!

ライスビギンUVプロテクトエッセンス


季節を問わず、差し込む日差しに、忘れてはいけない紫外線ケア!

毎年春先からだんだん強くなり、5〜8月がピークになりますね。


でも油断してはいけません。

1年中しっかり対策をして、紫外線から肌を守りましょう!



今の日焼け止めの使い方正しいかチェックしてみて下さい!


UVケアを忘れずに!


@古いものは使わない

去年使っていた日焼け止めがまだ残っているから今年も使おう!

これって普通ですよね。

確かに去年の日焼け止めだからといってUV防止力が下がることはありません。

しかしながら、1度開封してしまえば空気に触れて酸化が進んだり、手が触れた部分から菌が繁殖したりする可能性もあります。

肌トラブルを起こさないためにも古い日焼け止めは使わないほうが安心です。

開封した日焼け止めは、1年で使い切り、あまったら廃棄しましょう。



A塗る前に肌を整える

ただ日焼け止めをすれば良いわけではありません。

日焼け止めを塗る前にしっかりと肌の手入れを行うことが大切なことはご存知かと思います。

乾燥している肌に日焼け止めを塗ってしまうと、肌がさらに乾燥してしまうことも。

スキンケア後、数分置いて肌に浸透したことを確認してから

日焼け止めを塗りましょう!



Bムラなく伸ばす

日焼け止めはムラなく塗りましょう。

適量を手のひらにとり、顔に5点置きしてから塗るのがコツ!

おでこ、両頬、鼻、あごにのせてから外にむかって伸ばしていきます。

薄いところがあるとどうしても焼けやすくなってしまいますね。

顔の中でも高い鼻と頬は日焼けしやすいので重ね塗りをしておくといいですね。



C肌にすり込まない

日焼け止めを塗るときは、手に力を込めてすり込まないように注意しましょう。

日焼け止めってどうしても乱雑に塗りがちですが、力を入れすぎると肌トラブルの原因にもなってしまうので、丁寧にやさしく塗りましょう!



D余裕をもって30分前に

日焼け止めが効果を発揮するのは肌に浸透してからってご存知でしたか?

日焼け止めは浸透するまでに15〜30分ほどかかるのです。

出かける直前に塗るのではなく、余裕をもって30分前には塗るようにしましょう!



E塗り忘れに注意!!!

顔はしっかり日焼け止めを塗っていても、つい忘れてしまうのが、首や耳の前後、髪の生え際など。

塗り忘れのないように気を付けましょう!

紫外線はシミやそばかすだけでなく、皮膚がんのリスクまで高めてしまい、全くメリットがありません。

正しい使い方をして、紫外線から肌を守りましょう!




ライスビギンの

『UVプロテクトエッセンス』は

定価4、500円(税抜)

FX業者