ライスパワーNo.11とは?


■ライスパワーNo.11とは?


ライスパワーNo.11とは?


保湿成分として注目されているライスパワーNo.11が

配合された化粧品が多く販売されています。

ライスパワーという名の通り、お米が原料になった

保湿に効果的な美容成分で、特に敏感肌や乾燥肌の人から

注目されています。


原料に使われているのはもちろん、

国産のお米ですし、私たちが普段から口にしているものなので、低刺激で安全です。

今回は、最近注目されているライスパワーNo.11について、

詳しくお話しします。




■そもそもライスパワーNo.11って?


そもそもライスパワーNo.11とは?


ライスパワーNo.11とは、ライスパワーという

勇心酒造が独自の製法でお米から抽出、開発した

美容成分の中の1つです。

なんと、医薬部外品の保湿成分として認められており、

水分保持能の改善の効果が注目されています。


主には、肌の角質層にある保湿成分のセラミドを増やす効果があり、

それが水分保持能の改善につながります。

セラミドは、肌の表面側にある角質層の保湿成分として機能することで、

外の刺激から肌を守るバリア層を作ります。

敏感肌や乾燥肌の人は、セラミド不足により

バリア層が機能していない状態のため、

刺激を受けやすくなっているのですね。

その状態を改善していく効果がライスパワーNo.11にあるのです。




■ライスパワno.11はどうやって作られるの?


ライスパワーNo.11どうやって作る


ライスパワno.11は、白米を蒸した後に独自の方法で

抽出したエキスを約90日間、発酵から熟成まで行ない、

数少ないエキスの中から保湿効果が高いものだけを

抽出するという方法で作られています。


だから、ライスパワーno.11はかなり厳選された成分なのですね。




■ライスパワーの誕生話


ライスパワー誕生話


ライスパワーNo.11は、ライスパワーの中の1種類ですが、

一体、ライスパワーはどのようにして誕生したのか?

すごく気になりますよね。


ライスパワーという成分は、江戸時代からの

酒造メーカーとして有名な勇心酒造が開発した成分です。

勇心酒造の初代社長は科学者としての経験がありました。

その経験と知識があったからこそ、お米に微生物を加え、

発酵から熟成を行うことで、お米から新しい成分を生み出せると閃めいたのです。


その中で誕生したのがライスパワーでした。

日本酒の原料となる白米に特定の種類の微生物を適量加えて、

発酵や熟成期間を設定することで、

美容に効果的なライスパワーという成分が誕生しました。


そして、後にはついに、厚生労働省からも認められる

ライスパワーNo.11が開発され、

お米の可能性が無限大へと発展していきました。




■まとめ


ライスパワーまとめ


肌を保湿したり、バリア機能を向上させるためには、

セラミド補給が最適だと言われていますが、

セラミドを補給するよりも増やす成分を補給した方が効果的です。

そういう意味でライスパワーNo.11は、かなり注目の成分です。



ライスビギンでお肌改善!ライスパワー配合薬用オールインワン最安値! トップページ

FX業者